オリーブオイルのテイスティングの方法


ワインにテイスティングがあるように、オリーブオイルにもテイスティングがあります

オリーブオイル通の方は、オリーブオイルをティースプーンに一杯あけ、味見をしたことがある方も多いのではないでしょうか?また塩やコショウなど味付けをしないで、フランスパンなどに直接オリーブオイルだけ付けて食べている方も多いのではないでしょうか?これもひとつのテイスティングに近いことかも知れません。しかしここではもう一歩踏み込んだオリーブオイルのテイスティングの方法をお教え致します。やり方は非常にワインのテイスティングに似ています

 


1.ワイングラスのように丸いグラスを用意してその中にオリーブオイルを少量入れます。(オイルを空気に触れさせるため赤ワインで使う、丸いグラスで小さめのものが良い)

2.片手でグラスを包むように持ち、もう片方の手でグラスにふたをしてグラスを回します。(手でグラスを持つことによりオイルの温度を上げます。理想は28度前後。この温度が一番香りが良く出るため)

3.まずは香りを嗅ぎます。オリーブの息吹を感じて下さい。

4.次に少量オリーブオイルを口に含みます。この時、口を少し開けて歯の隙間から空気を吸います。(オリーブオイルに触れた空気を鼻の奥で香りを感じて下さい)

5.オリーブオイルを舌の上で転がします。人間の舌は先・奥・側面で味覚が違いますのですべてに行き渡るように転がします。

6.ゆっくりオリーブオイルを飲んで喉ごしを感じましょう。


 

いかがでしょうか。オリーブの大地の香りを感じましたか?生産者の意思が伝わりましたか?色々なオリーブオイルを上記のような方法でテイスティングしていくとエクストラバージンオリーブオイルも様々な味があるものだと気づくはずです。人それぞれ味には好みがありますが、オリーブオイルもワインと同様、色々種類を試して自分に一番あったオリーブオイルを探してみてはいかがでしょうか?それにより、より美味しく楽しい食生活になることは間違いないでしょう!!

 

オリーブオイル La Speranza ネットショッピングへ
オリーブオイル La Speranza−ネットショッピング−


オリーブオイルの歴史オリーブオイルの種類オリーブオイルの品種メーカー名(生産者)Le Roccheとは

使用方法と保存方法オリーブオイル専門用語集オリーブオイルのレシピオリーブオイルQ&A

このページのトップへ戻る

トップページへ戻る