Le Roccheとは


こだわりのエクストラバージンオリーブオイル「Le Rocche」は温暖な気候とイタリア[アブルッツォ州]の豊かな土壌が調和する、アドリア海沿岸の小高いFrentane丘で育ったオリーブから作られます

すべてのオリーブ樹木育成段階は、昔から受け継がれた特別な世話と気配りによって行われます。圧搾工程は昔ながらの伝統的な圧搾法で、しかもオリーブの実を手摘みにし、貯蔵期間も短く、非常に良好な状態で実施されます。この貴重なオリーブオイルの比類ない味は、アブルッツォ州の豊かな土壌だからこそ生まれました。

「Le Rocche」エクストラバージンオリーブオイルの本質的な特徴は、「深い緑がかった眩しい光とともにかもし出す薄い金色、洗練されたそしてフルーティーな香り、まろやかな味」です。繊細な料理にも日常家庭料理にもどちらでも美味しい味を提供してくれます。

 


Le Roccheをおすすめする理由


「Le Rocche」はすべてにこだわっています。オリーブの育て方、圧搾工程、黒っぽいビンなど、美味しいオリーブオイルを作り出すための努力を生産者は惜しみません。だからこそ、ここまでの味を出せたのでしょう!!

1. 手摘みだから

最近は機械でゆすってオリーブを摘む方法が増えています。大量に摘めるという長所はありますが、やはり、手摘みでひとつひとつ目で傷が無いか確かめて摘むのが理想と言えます。オリーブもいったん傷が付くとたちまちそこから腐ってきてしまいます。一番、人件費が掛かり量産がしにくいので品質にこだわっている生産者と言えるかと思います。

2. 自社生産・自社瓶詰だから

オリーブオイルの生産者であっても、すべてが自社でオリーブを育てているとは限りません。中にはオリーブ農園からオリーブを買い付けてオリーブオイルを作っている生産者もあります。もちろんオリーブは収穫後、時間がたつにつれ劣化してきてしまいます。Le Roccheは自社生産・自社瓶詰。収穫後、なるべく早く圧搾しています。これも品質にこだわっている生産者と言えると思います。

3. 品質を落とさない圧搾方法だから

最近の圧搾方法は遠心分離機を使った圧搾法です。人手がかからず、オリーブを一度に大量に搾油することができます。しかし「Le Rocche」は品質を落とさない圧搾方法でオイルを搾油しています。遠心分離機を使った場合、途中で加熱したり、水を加えたりして機械の動きをスムーズにしなければならない事があり、香りや大切な成分の一部を失ってしまうこともあります。Le Roccheは、加熱せず、できる限りスピーディーに搾油できるように最新の技術を使い、圧搾・搾油しております。「品質を落とさない圧搾方法」をしている「Le Rocche」。これも品質にこだわっている生産者と言えると思います。

※以前は、昔ながらの圧搾方法でしたが、よりオリーブの個性がでるように、加熱せず、できる限りスピーディーに搾油できる方法に変更しました。

4. コールドプレス製法(SPREMITURA A FREDDO)だから

30度以上の熱を加えていない時「コールドプレス」と名乗ることができます。温度を上げたほうが圧搾ではオイルは取り出しやすくなりますが、その分オイルが劣化して、香りや大切な成分の一部を失うことになります。「Le Rocche」はもちろんコールドプレス!!30度以上熱を加えません。これもこだわっている証ではないでしょうか。ちなみに精製オリーブオイルやピュアオリーブオイルは途中で加熱処理をしてしまうので、コールドプレスとは名乗れません

5. 何と言っても美味しいから

最後はやはり何と言っても味でしょう!!当然ですがエクストラバージンオリーブオイルでも色々味があります。ワインと同じように育て方や収穫時期、場所など様々な条件で味もかわってきます。「Le Rocche」は味にくせが無く、程よいフルーティーな香り。初めてオリーブオイルを使われる方でも美味しいと感じてくれることでしょう。もちろん今までオリーブオイルを使われている方も、きっとご満足してくれることと思います。いくら良い条件で作られたオリーブオイルでも味が良くなければただのオイルです。是非一度「Le Rocche」をお試し下さいませ

 

オリーブオイル La Speranza ネットショッピングへ
オリーブオイル La Speranza−ネットショッピング−


オリーブオイルの歴史オリーブオイルの種類オリーブオイルの品種メーカー名(生産者)使用方法と保存方法

オリーブオイル専門用語集オリーブオイルのレシピテイスティングの方法オリーブオイルQ&A

このページのトップへ戻る

トップページへ戻る