オリーブオイルの品種


オリーブの木には、様々な品種があります。ワインと同じように、使う品種により味や香りも変わってきます。もちろん育て方や圧搾方法、保存の仕方などによっても変わるので、たとえ同じ品種でオリーブオイルを作っても生産者によっては味や香りが変わってきます
生産者は、一種の品種を使ってオリーブオイルを搾油したり、色々な品種をブレンドして作り、様々な組み合わせを研究してエクストラバージンオリーブオイルを作ったりしているのです。ここでは数百、数千種類もあるといわれているオリーブ品種の代表的な物を紹介致します。


 

品 種 特 徴
Leccino
(レッチーノ)
トスカーナの主要品種で、とてもスウィートでフルーティ。まろやかなオイルになりやすいという特徴もある。
Gentile di Chieti
(ジェンティーレ・ディ・キエーティ)
アブルッツォに栽培されるフラントイオの姉妹種。フルーツの香りを持つ。寒さにも強い。 
Frantoio
(フラントイオ)
トスカーナの主要品種で、とてもスパイシー。中部イタリアでは良く使われている品種。
Moraiolo
(モライオーロ)
トスカーナの主要品種で、とてもスパイシー。色は緑が濃くポリフェノールの含有量が高い。 
Coratina
(コラティーナ)
南イタリアの主要品種で、苦くて辛い。
Casaliva
(カザリーバ)
北イタリアの主要品種で、優しい香りがする。
Oriarola
(オリアローラ)
南イタリアの主要品種で、少し苦味があり、ハッキリした味わい。
Pendolino
(ペンドリーノ)
トスカーナの主要品種。生産性が高い。 
Dritta
(ディリッタ)
アブルッツォで中心に栽培され、寒さにも強い。 
Picual
(ピクアル)
アンダルシア(スペイン南部)の主要品種で、緑がかった黄色のフルーティな味。
Picudo
(ピクード)
アンダルシアの主要品種で、フルーティな味わい。 
Tajasca
(タジャスカ)
北イタリアの主要品種で、特にリグーリア沿岸、ガルダ湖周辺で栽培されている。とてもマイルドで優しい香りがする。 
Arbecchina
(アルベッキーナ)
スペイン北部の主要品種で、とてもマイルド。後味にアーモンドのような香りがする。 
Koroneiki
(コロネイキ)
ギリシャの主要品種で、フルーティ。後味に少し辛みが感じられる。 
La Tanche
(ラ・タンシュ)
南フランスの主要品種で、スイートで優しい味。 

 


このようにオリーブには、たくさんの品種があり、各々特徴を持っています。こだわりのもった生産者は、たくさんある品種の中で、その土地にあったオリーブの木を選び、ブレンドをしたりしてオリジナルの味を作りだしています

オリーブオイル「Le Rocche」は【Leccino】と【Gentile di Chieti】をブレンドして フルーティでまろやかな、そしてクセの無い味を作りだしています

 

オリーブオイル La Speranza ネットショッピングへ
オリーブオイル La Speranza−ネットショッピング−


オリーブオイルの歴史オリーブオイルの種類メーカー名(生産者)Le Roccheとは使用方法と保存方法

オリーブオイル専門用語集オリーブオイルのレシピテイスティングの方法オリーブオイルQ&A

このページのトップへ戻る

トップページへ戻る